ドライアイってどんな病気?

ドライアイは涙の分泌量の減少、あるいは涙の質的な変化により眼球表面が乾燥しやすくなり、角膜・結膜の上皮細胞が障害を受ける疾患です。ドライアイには色々な原因があります。涙は薄い膜となって、いつも目の表面を覆うことにより、乾燥あるいはゴミや細菌などから目を守っています。ドライアイになるとこの涙液層が所々で崩壊し、目の表面を十分に保護できなくなります。

ドライアイの症状は?

ドライアイには様々な症状がありますが、主な症状として「目が乾いた感じがする」というだけでなく、「目が疲れやすい」「なんとなく目に不快感がある」「目が重い感じがする」「目がごろごろする」などがあります。症状が軽い場合には、環境が良くなったり、本人の身体条件(睡眠不足)が良くなったりなどして、やがておさまることもありますが、症状が強かったりいつまでも長びくなら、目の表面が傷ついていることが考えられます。傷から細菌が入り込んで感染したり、傷が深くなって視力が低下するおそれもあるので、眼科を受診した方がよいでしょう。

ドライアイの原因は?

ドライアイの原因には様々な原因があり、何種類かが重なって起こることもあります。たとえば涙が減る病気や、薬の影響、年齢的なものや環境なども原因になります。

  1. 涙の質や、量の低下
    ストレスが高い、高齢などの生理的要因。病気(シェーグレン症候群)。ある種の降圧剤や精神安定剤などの薬の二次的な結果として。
  2. まばたきが少ない/不完全
    パソコン、ワープロ、細かい作業、運転などの目を酷使する方に多く見られます。
  3. 涙が蒸発しやすい
    目が「大きい」、乾燥した部屋、コンタクトレンズなど

ドライアイの対策

シェーグレン症候群(全身の粘液の分泌が低下する病気)が疑われる場合は、放っておくと症状が進行することも多いので、病院への受診を勧めます。

日常生活の中で、少し気をつければ目の乾きを軽くすることができます。

  1. パソコンやワープロなどの作業は、リラックスを心掛け、1時間に10分程度は目を休めるようにしましょう。モニターの位置は目線よりも低めにします。上目使いだと、目の露出面積が大きくなり、乾きやすくなります。
  2. 冷暖房の効いている部屋は湿度が低く、目が乾きやすいので、加湿器やぬれタオルを干すなどして保湿に注意しましょう。
  3. 目の乾きを感じたら、涙液タイプの点眼薬、できれば防腐剤が入っていないものを選び点眼しましょう。

[注]軽い症状のドライアイであれば、市販されている目薬をさせば良い場合もあります。症状が強い場合や長びく場合は、目に傷がついていることもあるので、自己判断せずに眼科を受診し、医師の処方した目薬をさすことをお勧めします。


 
目の病気一覧へ
| HOME | 外来・入院のご案内 | 施設のご案内 | 院長のメッセージ | 医師の紹介 | メガネ&コンタクト | アクセスMAP |
| 目の病気一覧 | 症状から考えられる眼疾患 | 目の常識あれこれ | オルソケラトロジー | ボトックス療法 |
(c)2007 WAKABA Eye HOSPITAL All rights reserved.